Blog&column
ブログ・コラム

資産運用と副業の違いについて

query_builder 2021/10/15
コラム
mistake-error-question-mark-fail
「本業の収入だけでは将来が不安だから、副業を始めたい」と思っている方もいるのではないでしょうか。
副業には様々な種類があり、働き方改革に伴って副業を始める方も増えています。
ただ、本業以外で収入を得る方法は副業だけではなく、資産運用という選択肢もあります。
そこで今回は、資産運用と副業の違いについて解説していきます。

▼所得の違い
副業で、自身で定期的に製造した商品を売って利益を得ているものは事業所得となります。
ただし、使わなくなった本や衣類などをネットで売る場合は事業所得には含まれません。
そして、資産運用の所得は雑所得にあたることが多いです。
雑所得とは、利子・不動産・配当・給与・事業・退職・譲渡・山林に当てはまらない所得のことを言います。

▼税金の違い
副業によって得た収入は雑所得に当てはまることが多く、売上から経費を引いた金額と他の所得を合算したものが課税対象となります。
そのため、本業の収入が多い場合は課税額も高くなります。
そして資産運用にかかる税金は、ほとんどの場合約20%の分離課税が適用されます。
もし赤字だった場合は損益通算が可能で、全体としての税額が減ることで節税効果もあります。

資産運用は副業に含まれる?
資産運用は副業には含まれません。
そのため、本業がある場合はあくまでも主軸を本業として、本業に支障をきたさない程度で資産運用を行ってください。

▼まとめ
資産運用と副業では所得や税金の種類が異なります。
資産運用は副業には含まれないので、本業とのバランスを考えて行いましょう。
資産運用について詳しく知りたいという方は、ぜひ弊社にご相談ください。

NEW

  • 投資と詐欺!

    query_builder 2021/11/12
  • アフター・コロナの社会!

    query_builder 2021/11/03
  • 投資の資金はどこまで・・・?

    query_builder 2021/10/01
  • 投資を始める時期っていつ?(その②)

    query_builder 2021/09/20
  • 投資を始める時期っていつ?(その①)

    query_builder 2021/09/12

CATEGORY

ARCHIVE