Blog&column
ブログ・コラム

行政書士の資格とは?

query_builder 2021/02/14
コラム
suit-tie-guy-man
行政書士の資格とは一体どのようなものなのでしょうか。
詳しく解説していきます。

▼行政書士の資格とは?
行政書士として仕事をするためには、行政書士の資格を取り、行政書士名簿に登録しなければなりません。
行政書士の資格を取るには、次の3つの方法があります。
・行政書士試験に合格する
・公務員として一定年数経験を積む
・他の資格を取る
それぞれ見ていきましょう。

■行政書士試験に合格する
行政書士試験で出題されるのは「法令科目」と「一般知識」の2分野です。
法令科目は実務を行うことができるレベルの法律知識が試されるので、かなり細かいところまで問われることになります。
また一般知識は政治や経済だけでなく、情報通信や個人情報保護まで幅広く出題されます。

■公務員として一定年数経験を積む
国家公務員または地方公務員として17?20年以上行政事務に携わった人には、行政書士の資格が与えられます。
公務員を定年退職後に、この制度を利用して行政書士として働く人も多いです。

■他の資格を取る
弁護士、税理士、弁理士、公認会計士、この4つのうちどれかの資格を取得することで、行政書士資格も取得できます。

▼まとめ
行政書士の資格を取るには、行政書士試験に合格する・公務員として一定年数経験を積む・弁護士などの他の資格を取るの3つの方法があります。
いずれにせよ、法律だけでなく一般知識も含め、幅広い知識を持つ専門家が行政書士です。
遺産相続や土地活用など、日々の暮らしにおいてお困りごとが発生した時にはぜひ行政書士に相談してみてくださいね。

NEW

  • 住宅ローン払ってるけど不動産投資は出来るの?

    query_builder 2021/04/06
  • マンション投資は短期の売却益目当てには向かない!

    query_builder 2021/03/30
  • 何故、マンション投資は東京なのか?

    query_builder 2021/03/25

CATEGORY

ARCHIVE