Blog&column
ブログ・コラム

保険としての不動産投資って?

query_builder 2021/05/02
ブログ
4247756_s

不動産投資セミナーや不動産投資の売り込み文句として、「不動産投資すれば保険の代わりになりますよ!」と言われるのを聞いたことがある方は多いのではないでしょうか?

ところで、この「意味」をちゃんと理解されてますか?何故、「不動産投資」は「保険」の役割を果たすのか?

 

皆さんが、はじめて「不動産投資」をするにあたって心配な事!一つは、「不動産投資」最大のリスクである「空室リスク」ですが、その他にもご家族を持たれている方であれば、自分が「不慮の死」を迎えた時に、残された家族に大きな借金(ローン)が残るのではないか?ローンの支払いはどうすれば・・・ということではないか?と思います。

確かに、「不動産投資」は投資額が高額になることから金融機関でローンを組むことになる場合が殆どだと思います。そして、自分は「不動産投資」に関して知識を持って、リスクも負ってやっているけど、家族はそのことを知らない・・・というような場合もあるでしょう。

しかし、実際に不動産を購入したことがある方ならご存知かと思いますが、住宅ローンを組む際、購入した不動産に抵当権をつけるばかりでなく、『保険』に加入させられるということを!この加入させられる『保険』を「団体信用保険」通称『団信』といいます。この「団信」はローン債務者が、ローンの支払い途中で亡くなったり、重度の障害を負って働けなくなったりした際に支払われる保険で、ローンの残額をカバーすることになっています。これは、ローンを組んだ金融機関を保護するために掛けられる保険なのですが、これにより、残された家族は、ローンが完済され、抵当権も外された不動産資産が手元に残ることになるのです。そして、この「団信」は「住宅ローン」の場合だけでなく、「不動産投資」のための不動産購入の際にも加入することになっており、自分の死亡や重度障害になった時にこの保険が重要な役割を果たすことになるのです。

そして、「団信」はローンの返済に使用されますが、その結果として、不動産が家族には残されることになるのです。これが、「不動産投資」における「保険」的機能なのです!

 

このように、しっかり知識を得たうえで「不動産投資」すると、知識がない時と比べると、比べ物にならない位の安心感を得られます。貴方もしっかり「不動産投資」の知識を身につけて「投資」にチャレンジしてみませんか?そんな貴方の「投資」を久保田行政書士事務所はバックアップします!まずは、ご相談を!

NEW

  • サブリース契約の落とし穴…

    query_builder 2021/07/22
  • 地方の不動産投資で成功するには・・・

    query_builder 2021/06/11
  • 投資のリスク・・・

    query_builder 2021/05/21
  • コロナ禍の今こそ、投資の勉強を!

    query_builder 2021/05/09

CATEGORY

ARCHIVE